細菌性赤痢薬の世界市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Bacillary Dysentery Drug Market

Global Bacillary Dysentery Drug Market「細菌性赤痢薬の世界市場」(市場分析)調査資料です。• レポートコード:MRC-OD-36035
• 発行年月:2022年07月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医薬品・医療
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

細菌性赤痢薬の世界市場レポート(Global Bacillary Dysentery Drug Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、細菌性赤痢薬の世界市場規模は、2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルとなり、2021年から2022年の間にxx%の変化があると推定されています。細菌性赤痢薬の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、細菌性赤痢薬の市場規模を算出しました。

細菌性赤痢薬市場は、種類別には、SC-599、KKL-35、GVXNSD-133、SF2a-TT15、その他に、用途別には、病院、クリニック、その他に区分してグローバルと主要地域における2017年~2027年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Akthelia Pharmaceuticals Ltd、GlaxoSmithKline Plc、Immuron Ltd、…などがあり、各企業の細菌性赤痢薬販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

細菌性赤痢薬市場の概要(Global Bacillary Dysentery Drug Market)

主要企業の動向
– Akthelia Pharmaceuticals Ltd社の企業概要・製品概要
– Akthelia Pharmaceuticals Ltd社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Akthelia Pharmaceuticals Ltd社の事業動向
– GlaxoSmithKline Plc社の企業概要・製品概要
– GlaxoSmithKline Plc社の販売量・売上・価格・市場シェア
– GlaxoSmithKline Plc社の事業動向
– Immuron Ltd社の企業概要・製品概要
– Immuron Ltd社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Immuron Ltd社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

細菌性赤痢薬の世界市場(2017年~2027年)
– 種類別区分:SC-599、KKL-35、GVXNSD-133、SF2a-TT15、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:病院、クリニック、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

細菌性赤痢薬の地域別市場分析

細菌性赤痢薬の北米市場(2017年~2027年)
– 細菌性赤痢薬の北米市場:種類別
– 細菌性赤痢薬の北米市場:用途別
– 細菌性赤痢薬のアメリカ市場規模
– 細菌性赤痢薬のカナダ市場規模
– 細菌性赤痢薬のメキシコ市場規模

細菌性赤痢薬のヨーロッパ市場(2017年~2027年)
– 細菌性赤痢薬のヨーロッパ市場:種類別
– 細菌性赤痢薬のヨーロッパ市場:用途別
– 細菌性赤痢薬のドイツ市場規模
– 細菌性赤痢薬のイギリス市場規模
– 細菌性赤痢薬のフランス市場規模

細菌性赤痢薬のアジア市場(2017年~2027年)
– 細菌性赤痢薬のアジア市場:種類別
– 細菌性赤痢薬のアジア市場:用途別
– 細菌性赤痢薬の日本市場規模
– 細菌性赤痢薬の中国市場規模
– 細菌性赤痢薬のインド市場規模
– 細菌性赤痢薬の東南アジア市場規模

細菌性赤痢薬の南米市場(2017年~2027年)
– 細菌性赤痢薬の南米市場:種類別
– 細菌性赤痢薬の南米市場:用途別

細菌性赤痢薬の中東・アフリカ市場(2017年~2027年)
– 細菌性赤痢薬の中東・アフリカ市場:種類別
– 細菌性赤痢薬の中東・アフリカ市場:用途別

細菌性赤痢薬の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の緩衝器市場
    当資料(Global Shock Damper Market)は世界の緩衝器市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の緩衝器市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:油圧式、空気圧式、その他、用途別:自動車、オートバイ)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、ZF、Tenneco、KYB …
  • 世界のマルチプレックス診断市場
    当資料(Global Multiplexed Diagnostics Market)は世界のマルチプレックス診断市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のマルチプレックス診断市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:超高密度マルチプレックスアッセイ(10,000プレックス以上)、高密度マルチプレックスアッセイ(500プレックス-10,000 …
  • 世界の抗体薬物コンジュゲート治療市場
    当資料(Global Antibody Drug Conjugate Therapeutics Market)は世界の抗体薬物コンジュゲート治療市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の抗体薬物コンジュゲート治療市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:免疫学技術、免疫原技術、シアトル遺伝学技術、その他、用途別:リンパ腫、白血病、多発性骨髄 …
  • 世界の血液治療市場
    当資料(Global Hematology Treatment Market)は世界の血液治療市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の血液治療市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:OTC、処方薬、用途別:病院、ドラッグストア、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、Celg …
  • 輸液チェアの世界市場
    輸液チェアの世界市場レポート(Global Infusion Chairs Market)では、セグメント別市場規模(種類別:マニュアル、パワード、用途別:病院、クリニック、個人、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フラン …
  • 世界のスイミングプール用ケミカル市場
    当資料(Global Swimming Pool Chemical Market)は世界のスイミングプール用ケミカル市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のスイミングプール用ケミカル市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ビーチングパウダー、次亜塩素酸ナトリウム、液体塩素、トリクロロイソシアヌル酸(TCCA)、その他、用途別:住宅用プー …
  • 世界のアテノロール錠市場
    当資料(Global Atenolol Tablets Market)は世界のアテノロール錠市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のアテノロール錠市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:25mg、50mg、100mg、用途別:高血圧、狭心症、不整脈)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企 …
  • 世界の多目的可視・可聴信号装置市場
    当資料(Global Versatile Visual and Audible Signaling Devices Market)は世界の多目的可視・可聴信号装置市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の多目的可視・可聴信号装置市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:手動式、半自動式、全自動式、用途別:生鮮食品、惣菜、加工食品、その他)、 …
  • ロータリー真空圧力フィルターの世界市場
    ロータリー真空圧力フィルターの世界市場レポート(Global Rotary Vacuum Pressure Filters Market)では、セグメント別市場規模(種類別:小フィルター、中フィルター、大フィルター、用途別:食品加工、製薬、化学)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリ …
  • 溶剤型コーティングの世界市場
    溶剤型コーティングの世界市場レポート(Global Solvent-borne Coating Market)では、セグメント別市場規模(種類別:炭化水素系溶剤、酸素系溶剤、その他、用途別:輸送、消費財、重機・機械)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッ …